研究業績

(2016年10月までの)研究業績

 

学術論文[審査あり: 日本語]

◆松浦李恵、岡部大介、大石紗織;ものづくりコミュニティへの参加を通した学習:ファブラボ鎌倉におけるフィールドワークを通して、日本認知科学会『認知科学』第22巻2号 pp.268~281、2015年6月

◆松浦李恵、岡部大介;モノをつくることを通した主体の可視化:コスプレファンダムのフィールドワークを通して、日本認知科学会『認知科学』第21巻1号 pp.141~p153、2014年3月

◆松浦 李恵;人工物の利用を通した成員性の境界デザイン:キャラクターを支える遊びとしての「コスプレ」を対象に、日本質的心理学会『質的心理学フォーラム』第7号、2015年9月

◆岡部 大介、松浦 李恵;趣味的なものづくりを通した学習のフィールドワーク-大学におけるデジタル工作機械の利用に着目して、ヒューマンインタフェース学会『ヒューマンインタフェース学会論文誌』第18巻1号 pp.19~p26、2016年2月

研究発表[予稿あり:外国語(英語)]

◆  Rie Matsuura、Daisuke Okabe;Learning through Participation in Communities of Digital Fabrication: From an Ethnographic Study in FabLab Kamakura、Digital Media & Learning Research Conference、Los Angeles、June、2015

◆  Rie Matsuura、Daisuke Okabe;collective achievement of making in cosplay culture、Collaborative Innovation Networks Conference(COINS)、Tokyo、March、2015

◆ Rie Matsuura、Daisuke Okabe;”Cosplay, Learning, and Performing: Cultural Practices in Fandom Culture as a Connected Learning”、International Society for Cultural and Activity Research(ISCAR)、Sydney、Australia、October、2014

◆ Daisuke Okabe、Rie Matsuura, Saori Oishi;“Learning through participation in community of digital fabrication: from an ethnographic study in FabLab Kamakura” Fab Learn Conference、San Francisco、 October、2015

◆ Daisuke Okabe、Rie Matsuura“Cosplay, Learning, and Performing” The Digital Media and Learning Conference、Chicago、 March、2013

研究発表[予稿あり:日本語]

◆ 松浦李恵、岡部大介;ステージ構築からみるコスプレ実践の学び、日本認知科学会第30回大会、玉川大学、日本認知科学会第30回大会論文集、p409−412、2013年9月

◆ 松浦李恵、岡部大介、岡部愛;ファン活動に見る集合的な学習と足場掛け:コスプレ文化のエスノグラフィを通して、ヒューマンインタフェースシンポジウム2015、はこだて未来大学、2502P、2015年9月

研究発表[予稿なし:日本語]

◆松浦李恵、岡部大介;コスプレ・ファンダムにおけるものづくりを通した学び、日本質的心理学会第10回大会、立命館大学、日本質的心理学会第10回大会論文集、p95、2013年8月

◆松浦李恵、岡部大介;ファン活動における学びの風景を考える: ─ “Connected Learning” と “Performance” の 概念から─、日本教育心理学会、法政大学、日本教育心理学会論文集、p542、2013年8月

◆岡部大介、上田信行、大西景子、松浦李恵、福司謙一郎、重田佑介、柴田あすか;劇場型学習環境 School 3.0 憧れの自分を喚起(evoke)する学びのデザイン、第1回イノベーション教育学会、東京大学、2013年3月

話題提供

◆松浦李恵・岡部愛;ゆるやかなネットワークをどうとらえるかコスプレ、アイドルファン、社会運動から考える、日本質的心理学会第12回大会、宮城教育大学、日本質的心理学会第12回大会抄録集、p28-29、2015年10月

◆岡部大介、南部美砂子、原田泰、松浦李恵;リアルタイムドキュメンテーションムービーの価値と実際、日本質的心理学会第11回大会、松山大学、日本質的心理学会第11回大会論文集、p20-22、2014年10月

 学会ワークショップ

◆ 松浦李恵;コスプレファンダムのフィールドを通して、質的心理学会ワークショップ「マイフィールド博覧会」、青山学院大学、2014年3月,

◆松浦李恵、岡部大介;ステージ構築としてのワークショップ(ワークショップにおける学習)、日本認知科学会第29回大会、日本認知科学会第29回大会論文集、p27-28、2012年9月

◆岡部大介、上田信行、松浦李恵、石田喜美;現代的つながりを捉えるーワークショップにおけるドキュメンテーションムービー、日本質的心理学会第10回大会、立命館大学、2013年8月

教育歴

【非常勤講師】

◆2016年4月~9月 生活とメディア 東京都市大学・講義

 

【アシスタント経験】
慶應義塾大学大学院にて
◆2015年4月~7月 パーソナルプレイスデザイン(担当教員:石川初) アシスタント内容:PC・プロジェクター使用機材準備・出欠管理
◆2015年9月~2016年2月 インプレッションマネジメント(担当教員:加藤文俊) アシスタント内容:PC・プロジェクター使用機材準備・出欠管理

東京都市大学大学院にて
◆2013年4月~7月 教育の方法と技術(担当教員:岡部大介) アシスタント内容:imovieを用いたビデオ編集作業のアシスタント
◆2014年9月~3月 社会情報デザイン(担当教員:岡部大介) アシスタント内容:imovieを用いたビデオ編集作業のアシスタント
◆2015年2月 集中講義 学習環境デザイン(担当教員:岡部大介) アシスタント内容:グループワーク作業補助

受賞・奨学金関連

◆2015年4月慶應義塾大学 大学院 ヤングリーダー奨学金,給費
◆2015年3月東京都市大学大学院 環境情報学研究科長賞
◆2015年3月東京都市大学大学院 校友会賞
◆2014年5月五島育英基金奨学金,給費
◆2012年3月東京都市大学 楷の木賞

 

その他

◆展示会出展: 加藤文俊研究室フィールドワーク展、「家の中のまなび」、2016、2月

◆逐語録作成: 日本認知科学会 教育環境のデザイン分科会、活動記録 No.3、「実践と介入をめぐって」、日本認知科学会 教育環境のデザイン分科会、2014、6月

◆逐語録作成: 日本認知科学会 教育環境のデザイン分科会、活動記録 No.2、「Make:コミュニティにおける実践」、日本認知科学会  教育環境のデザイン分科会、2014、 5月

◆表紙カバーデザイン(松浦 李恵・大石サオリ):  中原 淳 編著、『人事よ、ススメ! ―先進的な企業の「学び」を描く「ラーニングイノベーション論」の12講』、東京: 碩学舎、2015

◆表紙カバーデザイン(松浦 李恵・大石サオリ):  有元 典文・岡部 大介 著、『デザインドリアリティ[増補版]―集合的達成の心理学』、東京: 北樹出版、2013